費用対効果の高いホームページ
(Webサイト)制作

昨今、Googleの行ったペンギンアップデート・パンダアップデート※1により、SEO会社にお金を払っているホームページ(Webサイト)のみが上位に表示される時代が終わりました。
設計されたWebサイトの構造と計算してブログを書くことで、
検索上位にホームページ(Webサイト)やブログ記事を表示することが可能になりました。

ペンギンアップデート・パンダアップデート後、これをチャンスと捉えGoogleと真摯向き合ってホームページ(Webサイト)の運営を行うことで、検索上位に表示されるためにどうすれば良いかノウハウを蓄えた結果、費用体効果の高いホームページ(Webサイト)制作が可能となりました。

何をすれば検索上位に表示されるのか?

  • ・正しいHTMLでのコーディング(例:Jis X8341-3に準拠)
  • ・設計されたWebサイトの構造
  • ・オリジナルの文章
  • ・ブログの有効的な運用
  • ・計算してブログを書く(ターゲットを絞ってブログを書く等)
  • ・Facebook等SNSとの連携
  • ・信用の高いホームページ(Webサイト)からの被リンク
  • ・Webサイトの運営年数

等、検索上位に表示される要素は沢山あります。上から5つを実践することが大切です。

やまだやは、目的と予算に合わせて最適な方法を提案し、ホームページ(Webサイト)の効果を高めることを得意としています。

※1:Googleのガイドラインに違反して故意に順位上昇させようとしているサイトの排除を目的とした新しいアルゴリズム

やまだやについて

やまだやのできること

やまだやは、名古屋市を中心に活動しているフリーランスのホームページ屋(Web屋)さんです。
ホームページ(Webサイト)の制作に関わることから講師までなんでもご相談ください。

正しいHTMLの記述でのコーディング(マークアップ)

Web標準に準拠するのは当然です。Webアクセシビリティ(JIS X8341-3:2010)の考えを持ってコードを書くことが重要になります。
ほとんどのWebサイトはGoogleがターゲットに含まれています。
Googleは、視覚障害者と同じようにWebサイトを認識していると言われています。
Webアクセシビリティを考え、正しいHTMLを記述することが最低限のHTMLの記述であり、ホームページ(Webサイト)運営の第一歩です。

効果を出すWebサイトを制作するためのプランニング・ディレクション

エンドユーザーのためのホームページ(Webサイト)制作

やまだやでは、エンドユーザー第一のホームページ制作を考えています。

現在のSEOは検索エンジン最適化ではなく、検索エンジンで検索する人のための最適化だと考えています。

中小企業にチャンスが到来しました。
コツコツとコンテンツを作りあげれば検索上位に表示されるようになりました。
日々、新しいツールが公開されている中で、目的に合わせた効果を出すためのツールを選択し、効果に繋がるツールを選択し、Webを通してお客様の良さをコンテンツを通してアピールするホームページを制作するためのプランニング・ディレクションを行います。

ホームページ(Webサイト)の運営およびコンサルティング業務

効果を出すためにはお客様のできることを文章にすることが大切です。
どうすれば良いかわからない・面倒くさいからやらない。そういったことを極力減らすお手伝いも行なっています。

やまだやのブログも参照してください。

Webに関する講師

2009年〜2011年に愛知大学非常勤講師としてゼロからWebサイトを制作する授業を行なっていた経験から最低限のHTMLについて等講師としての業務をお受けいたします。

やまだやのプロフィール

屋 号  やまだや
代 表  山田 和俊
開 業  2011年10月
事務所 
所在地 
愛知県名古屋市昭和区天神町3-13
ソフィア御器所101号

お問い合わせ

お問い合わせの概要を入力してください。 内容を確認後メールにて折り返し連絡いたします。
貴社名
お名前 
メールアドレス 
お問い合わせの内容 

プライバシーポリシー

やまだやでは、個人情報の保護に関する法律を遵守し、個人情報の適切な取り扱いと保護に努めます。

個人情報の収集および利用目的

やまだやでは、個人情報の保護に関する法律に基づき、取得した情報をお問い合わせのご返答、それに付随する仕事を完遂する為に使用します。

個人情報の第三者への提供及び二次使用について

以下の場合において、情報提供者本人の同意の上でお預かりした個人情報を第三者へ提供する場合があります。

  • お客様の商品発送を請け負う運送業者および当事務所からの委託を受けて業務を行うパートナー会社が情報を必要とする場合
  • 法令に基づき公的機関から情報開示の要請があった場合